REPORT

デザインフェスタ vol.39


2014年5月17日、陽気も良くお出かけ日和の今日
東京お台場にてデザインフェスタ vol.39が開催
pirommy*ブースを私、夫の河野マキがレポートします。

初出展となりました前回、終わりと同時にpirommy*本人から
次回は壁を使って、部屋に人が遊びにきたイメージにしたい
棚を作ってキッチン風とか・・・ などなど ふむふむ

そのうち、「アクセサリーの作品を額縁に飾りたい」
なら、美術館風に、絵画の中に作品みたいな…

決定!

オリジナルにこだわる方針にしたがって額縁を一から制作
もともと私自身もpirommy*作品のファンのひとりなので
作り甲斐もあり、こんな感じに仕上がりました。


デザインフェスタ vol.39


黄色の枠の額縁にはブローチのヒゲファセ・ブロドゥリー
フェルトに羊毛で刺繍した、一見ワッペンっぽい作品は
ジャケットなどのアウターにエンブレムとして付けても
バッグに付けても可愛いですね

個人的にはカーディガンの腰辺りに付けると
プレッピーっぽくておしゃれな気がします。

ミントグリーンの枠の額縁には、新作のロゼット
オーバル型には王様を意味する「ロワ」
丸型は王妃を意味する「レーヌ」

そう、pirommy*の作品には人形の他にもアクセサリーに至るまで
イメージに合ったネーミングがそれぞれあります。
愛情込めて作り、そして末永く可愛がってもらえるように...
名前があると、そんな親近感がわきます。


デザインフェスタ vol.39


正方形の小さなピンクの枠の額縁には
人気も定番化?してる、ヒゲファセ3D
ヒゲのアイディアはここからスタートしました。

そんな好評の影に、作り手ならではの苦労があるようで
同じものを2つ以上作らない、オンリーワンのこだわり

ハンドメイドだから当たり前と思うかもしれませんが
表情が違うのは当然のことながら、実は配色も違うのです

帽子のラインの色が違ったり、多色使いの目の組み合わせが異なったり...
でも常にそのときのベストなデザインで完成させるのは忘れない

作家の意図するものは、毛糸と共にここにあるのかもしれませんね。


デザインフェスタ vol.39


制作数こそ少ないのですが、ロングセラー作品と呼んでもいいリース

そして、私が描いたポストカード
これが人気があまりなく・・・ まぁ、お飾り程度です 涙

でも、絵は描いていて気持ちがいいです。
自己満足でも続けていきたいと思います 苦笑


デザインフェスタ vol.39


中央の棚にはバングル
前回制作した、散歩の意味の「プロムネ」と新作の「ヴィサージュ(顔だち)」
無垢の木にpirommy*が厳選した生地を丁寧に貼った
見た目以上に手の込んだ作品です。
初日に、いの一番に売れたアイテムでした。

そんなバングルも、下書きの段階では
アクセサリーとしては、少しやり過ぎ?と思ったのですが
完成して合わせてみると、思いのほかオシャレ
生地の模様と猫の色目を合わせたところが、お互いに溶け込んだのでしょう
こうゆうイメージを自由に形にできるのも、ハンドメイドならではだと思います。

バングルの下には、今回はディスプレイ感覚で持ってきたマトリョーシカとボトルキャット
とくにビンに猫が入ってる不思議さが、話題作りに貢献してくれました。

そうそう、2日目の終わりあたりにきた外国の方
すらっとしたボブカットのモデルさんみたいな人でしたが
「欲しい... でも、金がない」と、言われたときは
言わなさそう人が、「金って」って感じで可笑しかったです
なんか今日一日で使い切ってしまって、ホントに残念そうでした。


さてさて今回、アクセサリーブースに出展したことにあたり
ある意味試験的な作品がこれです。

ペンダント 作品名は「Ami(アミ)」

ワンピースを着て、手足、シッポまでついた猫
それを首からぶら下げるファッションとは…  はてな…?
なんてことを思いつつも、始まってみると、まぁ人気があること。

そうなんですね。 それが答えだったんです。
してみると合うんです。可愛いんです。全く幼稚さを感じさせず
とくに原宿、渋谷系の山ガール的な、北欧のアウトドア的な人たちがすると
思わず 「おっ、可愛い」と、つい言ってしまいそうになるほど
すごくファッション性がありイケてます。
て、いうか、ホントは作家の一番近くにいる私が驚いてはマズイのですが 笑

そう、お客さんの中に 「友達と一緒にいるって感じ」と、言ってる人がいました
その通り、品名のアミは "友達" を意味します。
pirommy*もこの時とばかり、これ見よがしに説明してました 笑


デザインフェスタ vol.39


pirommy*ブースを引いて見るとこんな感じです。
今回は運良く中央の通路に面した角地だったので
間口が広く取れる分、壁にして良かったと思います。

そして今回のデザフェスでは、何よりもうれしかったことがあります。
座る場所がなかったので、ブースから2、3歩離れたところに立ってた私の横を
展示作品に向かって 「かわいいー」と、口にして近寄ってくる人が多かったということです。

pirommy*本人も、接客が "立ち話" をしているようにできてよかったみたいです。
たしかに、後ろから見てても、pirommy*とお客さん
仲良く作品に向かって話をしている姿は、微笑ましくも思えました。


デザインフェスタ vol.39


ん? 最後の写真がこれ??
ふふふ 私が壁に直接描いたうちのコです。
看板ネコって感じですかね

評判はというと...
ある女の子ふたり組、友達同士でしょうか
通りすがりに、そのひとりの子が言いました
「あの猫、わたし嫌いじゃない」
そんな感じでした 笑


さて…

デザインフェスタ! 2回目の出展が終了し
成果はぼちぼち、満足度は100%でした。
大きな反省点もとくになく、立ち止まることなく前へ進めそうです。

イベント自体も、例年以上に来場者数も多く、
話によると芸能人の方も、個人的に出展されてたとか

前回も思いましたが、作品の発表の場は
ネットでも十分できると思います
ですが、こういった演出のない
ライブ感のあるところが、やっぱりいいですね。
とくにpirommy*の作品は、実物のほうが
細かな色のニュアンスや、フォルムの可愛らしさがあります

と、書いたのも、ホームページの作品写真は私が担当しているのですが
毎回あまり上手く撮れていないので 汗
本当に現物のほうがイイことを、この機会に書いておきまーす。
ごめんね、pirommy*...

それでは…
今回、いらっしゃっていただいた方々に、感謝。

(2014.5.20)


デザインフェスタ vol.39





 HOME

 PROFILE

 IMFORMATION

 GALLERY

 CONTACT

 REPORT


 Other Artists



 creema  facebook  ameblo
 
 instagram  twitter  
 
 mail